こんにちは、『パパチカ』です。

 

父親が子どもと過ごす時間/親子で地域の魅力に触れる機会/そんなひと時を楽しみたいと願う父親サークルです

「パパチカ」は、“「パパ」の「チカラ」で地域と子育てを盛り上げていきたい”、という思いから、2013年2月に誕生した父親のボランティアサークルです。「父と子ども」「親子と地域」がそれぞれもっと身近な存在になることを願い、和歌山の名産名所を「塗り絵」することを発案。和歌山市民提案底力実施事業として、第1号を作り、2014年に和歌山市の子どもたちに1万冊を無料配布しました。その後、協賛してくださる企業様のおかげで続編を発刊。第三号からは素材、配布範囲を県内に広げ、今まで6種類の冊子、9万冊以上の塗り絵を発刊し、無料配布してきました。

昨年1月には和歌山市のSDGsネットワーク」に加盟し、2030年のゴールを目指して他団体とも交流しながら活動しています。塗り絵を通して地元の自然、食文化など、地元の魅力をみつけることにつながれば嬉しいですし、いつまでも心の中に子どもの頃の原風景が残る、地域を愛してやまない人で賑わう街になればと願っています。